キャラバンMAP


【開催日順】       (2008年3月31日現在)         全都道府県での開催終了
終了↓ 7/01 (東京) 終了↓ 9/30 岩手 終了↓ 1/19 岐阜 終了↓ 2/23 茨城
終了↓ 7/15 秋田 終了↓ 10/6 青森 終了↓ 1/20 埼玉 終了↓ 2/24 長野
終了↓ 8/11 京都 終了↓ 10/7 広島市 終了↓ 1/25 福岡 終了↓ 3/02 北海道
終了↓ 8/18 長崎 終了↓ 10/8 滋賀 終了↓ 1/26 沖縄 終了↓ 3/09 鳥取
終了↓ 8/19 新潟 終了↓ 10/14 兵庫 終了↓ 1/27 栃木 終了↓ 3/09 大分
終了↓ 8/25 佐賀 終了↓ 11/15 徳島 終了↓ 2/03 愛知 終了↓ 3/15 愛媛
終了↓ 9/01 神奈川 終了↓ 11/28 岡山 終了↓ 2/07 熊本 終了↓ 3/16 香川
終了↓ 9/08 宮崎 終了↓ 12/09 三重 終了↓ 2/09 鹿児島 終了↓ 3/17 山口
終了↓ 9/20 宮城 終了↓ 12/11 広島県 終了↓ 2/11 石川 終了↓ 3/20 群馬
終了↓ 9/22 東京 終了↓ 12/15 山形 終了↓ 2/15 奈良 終了↓ 3/22 山梨
終了↓ 9/24 和歌山 終了↓ 12/22 島根 終了↓ 2/16 富山 終了↓ 3/23 静岡
終了↓ 9/29 福島 終了↓ 1/12 千葉 終了↓ 2/17 高知 終了↓ 3/25 福井
                  終了↓ 3/30 大阪


【都道府県別】      (2008年3月31日現在)         全都道府県での開催終了
都道府県別状況
[北海道・東北] 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島      
[関東] 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川      
[中部] 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重
[近畿] 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山        
[中国・四国] 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知  
[九州・沖縄] 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄    








東京ビッグサイト
[開催日時]   7月1日(日) 12:00開場 13:00開演 17:30終了 (終了しました)
[テーマ] 自殺を「語ることのできる死」へ 〜自殺対策新時代 官民合同シンポジウム〜
[内容] 当日の開催内容、参加者の感想(アンケートより抜粋)などはこちらから
[共同主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、内閣府
[協賛] 日本財団、トヨタ財団、他





秋田県
[開催日時] 7月15日(日) 午後1時〜5時  (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 秋田
[キーワード] こんな自分でも役にたつ
[テーマ] 自死遺族支援 私たちにもできること
[内容] 1.オープニング: 知事あいさつ、内閣府政策統括官あいさつ、
自死遺族支援全国キャラバン実行委員長あいさつ
2.遺族体験談:  秋田県在住の遺族2人が体験を語る
3.パネル討論@: 「自死遺族支援の総合対策を考える」
[パネラー]     秋田グリーフケア研究会代表 涌井真弓さん
秋田県健康推進課課長 佐藤唯直さん
秋田県精神保健福祉センター所長 伏見雅人さん
NPO法人ライフリンク代表 清水康之
[コーディネータ] NPO法人ライフリンク副代表 西田正弘
4.パネル討論A: 「自殺対策における民間団体の役割と今後の展開」
[パネラー]     こころと命を考える会代表 袴田俊英さん
ふれあいのWA代表 加賀谷七重さん
ほっとはーと由利代表 三浦令子さん
[コーディネータ] 蜘蛛の糸代表 佐藤久男さん
5.クロージング: 「全国キャラバン」キーワード・リレー
(次の開催地へ、バトンを手渡す意味を込めて、
パネルディスカッションの中ででてきた遺族支援の
キーワードをひとつ選び、キャラバン隊に託します)
[会場] 秋田県庁(秋田市山王4丁目1−1)
[共同主催] 秋田県、こころのネットワーク、秋田グリーフケア研究会
[後援] 内閣府、秋田大学、NPO法人自殺対策支援センターライフリンク
[協賛] 日本財団
[参加費] 無料
[申込方法] 当日自由参加
[問合せ先] 秋田県健康推進課 018-860-1428
秋田グリーフケア研究会 018-857-4458
NPO法人蜘蛛の糸 018-832-8825
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンIN秋田 (チラシ)





京都府
[開催日時] 8月11日(土) 午後1時30分〜5時 (開場:午後1時〜)  (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 京都
[キーワード] なかま ― いたみを安心して語れる ―
[テーマ] 自殺予防と自死遺族支援のための 府民・市民公開シンポジウム
〜自死遺族の声に耳を傾ける〜
[内容] ○ 基調講演 「自死遺族支援の総合的対策を考える」
講師:内閣府自殺対策推進室 高橋広幸
○ シンポジウム
<パネリスト>
弘中 照美 (「多重債務による自死をなくす会」代表)
井上 久美子 (「リメンバー福岡」自死遺族のつどい代表)
石倉 紘子 (「こころのカフェ きょうと」自死遺族サポートチーム代表)
森 雅彦 (京都府精神保健福祉総合センター)
山下 俊幸 (京都市こころの健康増進センター)
<コーディネーター> 
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
[会場] 立命館大学朱雀キャンパスホール 
(JR二条駅・地下鉄二条駅降りて東南方面へすぐ)
京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
[共催] 京都府・京都市・「こころのカフェきょうと」自死遺族サポートチーム
[後援] 内閣府・京都府教育委員会・京都市教育委員会・社会福祉法人京都いのちの電話・
京都府司法書士会・NPO法人自殺対策支援センターライフリンク
[協賛] 日本財団
[協力] 立命館大学自主ゼミ「いのち こころ 死について考える会」
[入場] 無料 (定員450名、先着順)
[問合せ先]

・京都府保健福祉部 福祉総括室 障害者支援室
京都市上京区下立売通西入薮ノ内町 (Tel 075-414-4606)
・京都市こころの健康増進センター
京都市中京区壬生東高田町1-15(Tel 075-314-0355)
こころのカフェきょうと
Tel 090-8536-1729 午後6時から午後9時まで

[案内資料] 自殺予防と自死遺族支援のための 府民・市民公開シンポジウム」ポスター
自殺予防と自死遺族支援のための府民・市民公開シンポジウム」のお知らせ





長崎県
[開催日時] 8月18日(土) 13:00〜16:20  (12:30開場) (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 長崎
[キーワード] 見て、聞いて、そして動く
[テーマ] 自殺対策シンポジウム in長崎
自殺から目をそらさないで!命をまもるために
[内容] ○ 基調講演 「自殺のない『生き心地の良い社会』をめざして」
NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表 清水康之
○ 自死遺族からのメッセージ
○ シンポジウム「長崎県における自殺対策〜私たちにできること〜」
<シンポジスト>
山口 和浩 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe 代表)
禧久 孝一 (鹿児島県奄美市 市民福祉部 市民課主幹兼市民生活係長)
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表)
<コーディネーター> 
大塚 俊弘 (長崎こども・女性・障害者支援センター 所長)
[会場] 長崎ブリックホール 3階 【国際会議場】 (長崎市茂里町2−38)
[主催] 長崎県
[共催] 長崎市、自死遺族支援ネットワークRe、長崎いのちの電話、県民ボランティア活動支援センター
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、ほか
[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (定員500名)
[申込み] どなたでも参加できます。お申込みがなくても当日ご参加いただけますが、できれば事前のお申込み(電話またはFAX)をお願いします。
[問合せ先]

・長崎こども・女性・障害者支援センター精神保健福祉課(Tel 095-846-5115)

[無料相談] 当日午前10時から午後4時まで各種無料相談(心の悩み相談、ご遺族向け相談、消費生活相談など)を実施します。時間の都合上、各種相談会には限りがございます。
[案内資料] 自殺対策シンポジウム in長崎」 (2頁目が申し込み用紙になっています)





新潟県
[開催日時] 8月19日(日) 13:00〜16:30  (12:30開場)   (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 新潟
[キーワード] 私と一緒に年をとっていきましょう
[テーマ] 新潟県自殺対策シンポジウム (自死遺族支援全国キャラバンin新潟)
〜悲しみを分かちあい、支えあう地域づくりをめざして〜
[内容] ○ あいさつ・開会趣旨説明
○ DVD上映「自死遺族の声」
○ シンポジウム「悲しみを分かちあい、支えあう地域づくりをめざして」
<シンポジスト>
・虹の会(自死遺族語り合いの会)世話人 「会の立ち上げと活動の現状について」
・新潟県精神保健福祉センター担当者 「県の自殺対策と遺族支援について」
・新潟いのちの電話スタッフ 「電話相談の中での遺族支援の現状」
・先駆的な自死遺族支援団体のメンバー 「実践報告」
<コーディネーター> 
・NPO法人自殺対策支援センター ライフリンク代表 清水 康之
○ 出会いの場の提供(15:30〜 希望者のみ)
・虹の会や相談機関に関する情報を得たい参加者のための分科会
[会場] 新潟県生涯学習推進センター 1Fホール
(新潟市中央区女池南3−1−2 電話:025-284-6110)
[主催] 新潟県精神保健福祉センター
[共催] 新潟いのちの電話
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会(NPO法人ライフリンク)
[協賛] 日本財団
[対象者] 自死遺族 ・自死遺族支援に係わる関係者 ・自死遺族支援に関心のある方
[入場] 無料(定員180人 先着順)
[申込み] 別紙にてFAXまたは郵送で、8月10日(金)までにお申し込みください。
[問合せ先]

・新潟県精神保健福祉センター
(電話:025-280-0111 メール:ngt043040@pref.niigata.lg.jp

[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンin新潟」開催要領





佐賀県
[開催日時] 8月25日(土) 13:00開場 13:30開演 16:30終演  (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 佐賀
[キーワード] これから、ここから 生きやすい社会につながる一歩
[テーマ]

自殺を「語ることのできる死」へ
〜 自死遺族支援 今、私たちがつながりあう 〜

[内容] 【第1部】 講演
『自殺総合対策について』
【第2部】 遺族メッセージ
『生きやすさを求めて』
【第3部】 パネルディスカッション
『自死遺族支援 〜自殺を「語ることのできる死」へ〜 』
[会場] メートプラザ佐賀 (佐賀市兵庫町大字藤木1006番地1)
[共催]

佐賀県、佐賀”ビッグフット”

[後援] 内閣府、 佐賀県自殺対策協議会、 佐賀いのちの電話、
自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[入場] 無料(定員400人) ※当日の受付も行います
[対象者] どなたでも参加できます
[申込み] 電話・ファックス又は電子メールにて下記宛に申し込みください。
・電話 0952-25-7075(電話受付9:00〜17:00土日祭日は除く)
・FAX  0952-25-7268
・Mail kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp
※氏名,団体名,連絡先(電話)の記入をお願いします。
[問合せ先]

・佐賀県健康福祉本部健康増進課
(電話:0952-25-7075 メール:kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp

[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン in 佐賀」 (チラシ表)
自死遺族支援全国キャラバン in 佐賀」 (チラシ裏:申込み用紙)





神奈川県
[開催日時] 9月1日(土) 12:15開場 13:00開演 16:00終演 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 神奈川
[キーワード] 語り合い、分かち合い、きっと社会は変わる
[テーマ] かながわ自殺対策シンポジウム
[内容] 【第1部】 講演会
知事挨拶
講演:『父の死、そして僕のうつ病のこと』 講師:竹脇 無我氏(俳優)
【第2部】 シンポジウム
テーマ:『自殺問題・・・今私たちにできること』
コーディネーター:桑原 寛氏(神奈川県精神保健福祉センター所長)
シンポジスト  : 内閣府自殺対策推進室
平安良雄氏(横浜市立大学教授)
清水康之氏(自殺対策支援センターライフリンク)
山口和浩氏(自死遺族、自死遺族支援ネットワークRe)
[会場] はまぎんホール ヴィアマーレ (横浜市西区みなとみらい3−1−1)
[主催]

神奈川県、横浜市、川崎市

[後援] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、内閣府
[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (定員500人。定員を超えた場合は抽選となります)
[申込み]

電話・FAXでお申し込みください。(FAXの場合、申込用紙をご利用下さい)
● 神奈川県精神保健福祉センター 相談課(神奈川県域の方)
電話 045- 821- 8822 FAX 045- 821- 1711
● 横浜市こころの健康相談センター(横浜市の方)
電話 045- 476- 5505 FAX 045- 476- 5581
● 川崎市精神保健福祉センター (総務川崎市の方)
電話 044- 200- 3195 FAX 044- 200- 3974

[案内資料] かながわ自殺対策シンポジウム」 (チラシ表)
かながわ自殺対策シンポジウム」 (チラシ裏:申込み用紙)





宮崎県
[開催日時] 9月8日(土) 12:00開場 13:00開始 16:30終了 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 宮崎
[キーワード] 県民総力戦で
[テーマ] 自死遺族の声に耳を傾けよう 〜そこから見えてくる自殺対策〜
[内容] ○自死遺族からのメッセージ
○パネルディスカッション

 「弱音を吐けない男たち」
〔コーディネーター〕
NPO法人ライフリンク       副代表  西田正弘 氏
〔パネラー〕
宮崎大学医学部          教 授  石田 康 氏
宮崎自殺防止センター      代 表  甲斐妙子 氏
自死遺族支援ネットワークRE  代 表   山口和浩 氏
宮崎県日南保健所         所 長  岩本直安 氏
[会場] 宮崎県立芸術劇場 演劇ホール (宮崎市船塚3-210  電話 0985-28-3210)
[主催]

宮崎県

[後援]

内閣府、NPO法人自殺対策支援センターライフリンク

[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (どなたでも参加できます)
[問合せ] 宮崎県障害福祉課  電話 0985-32-4471 (担当:黒木、片平)
[案内資料] 自殺、その意味を考える」シンポジウムin宮崎」チラシ





宮城県
[開催日時] 9月20日(木)  13:00開始 16:30終了 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 宮城
[キーワード] つながりを信じて
[テーマ] 「みやぎの自殺対策を考える」 〜つながりを信じて〜
[内容] ○遺族の声
○基調講演「大切な人を喪った悲しみを癒すために」
○シンポジウム「今、私たちは何をすべきか」
[会場] 宮城県民会館 大ホール (仙台市青葉区国分町3-3-7)
[主催]

宮城県、宮城の自殺対策を考える実行委員会

[後援] 仙台市、市長会、町村会、県教育委員会、仙台市教育委員会、県医師会、
自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、内閣府
[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (定員1500人)
[申込み] 電話、FAX、またはメールで宮城県精神保健福祉センターに申込み(9/14(金)まで)
●電話 0229-23-1657
●FAX 0229-23-0388
●メールは宮城県精神保健福祉センターホームページから





東京都(西多摩)
[開催日時] 9月22日(土) 12:00開場 13:00開始 16:00終了 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 西多摩
[キーワード] 聞かせてほしいあなたの声
[テーマ] 自死遺族支援 私たちにもできること
[内容] 第一部 自死遺族の体験談
第二部 パネルディスカッション 「私たちにもできること」

<コーディネータ>
西田正弘 (NPO法人ライフリンク)
<パネラー>
清水康之 (NPO法人ライフリンク代表)
涌井真弓 (秋田グリーフケア研究会代表)
熊谷直樹 (東京都多摩総合精神保健福祉センター保健福祉部長)
大野順子 (西多摩保健所保健師)
[会場] 福生市民会館 小ホール (JR青梅線牛浜駅 東口下車徒歩5分)
[対象] 都民 (定員200名、先着順)
[後援]

NPO法人自殺対策支援センターライフリンク

[協賛] 日本財団
[問合せ] 東京都西多摩保健所 保健対策課  電話 0428-22-6141
[案内資料] 自死遺族支援 私たちにもできること」チラシ1
自死遺族支援 私たちにもできること」チラシ2





和歌山県
[開催日時] 9月24日(月・祝) 開場13:00 開始13:30 終了17:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 和歌山
[キーワード] つながりを絶やさない
[テーマ] わかやま自殺対策シンポジウム 〜自死遺族支援・私たちにもできること〜
[内容] ○基調講演
   「自死遺族支援の総合的対策を考える」
○体験発表
   自死遺族の方(他府県在住)の体験談等
○シンポジウム
  <コーディネーター>
篠崎和弘(和歌山県立医科大学神経精神科教授)
<シンポジスト>
山田和子(和歌山県立医科大学保健看護学部教授)
森川 勝(社会福祉法人和歌山いのちの電話協会事務局長)
山口和浩(NPO法人自死遺族支援ネットワークRE代表)
西田正弘(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)
北端裕司(和歌山県精神保健福祉センター所長)
○その他
  <自殺対策に取り組む民間団体紹介>
<相談会:県臨床心理士会、県司法書士会>
[会場] 和歌山県立医科大学 講堂 (和歌山市紀三井寺811番地1)
[主催]

和歌山県

[後援] 内閣府、県立医科大学、県医師会、県臨床心理士会、和歌山いのち電話協会、
県司法書士会、自死遺族支援全国キャラバン委員会、多重債務による自死をなくす会
[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (定員400名、先着順)
[申込み]    ●和歌山県障害福祉課(電話:073-441-2641、FAX:073-432-5567)
●県精神保健福祉センター(電話:073-435-5194、FAX:073-435-5193)
[案内資料]

わかやま自殺対策シンポジウム〜自死遺族支援・私たちにもできること〜」チラシ






福島県
[開催日時] 9月29日(土)  開場12:30 開始13:30 終了17:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 福島
[キーワード] 寄り添うこころ
[テーマ] 遺された子どもの心の声から 〜わたしたちにできること〜
[内容] ○講演  「自死遺児との出逢い」
講師:清水康之氏(ライフリンク代表・元NHKディレクター)
○シンポジウム  「今、自死遺児を支えるために・・・」
シンポジスト 
西田正弘氏(あしなが育英会虹の家課課長)
尾角光美氏(自死遺児学生)
成井香苗氏(郡山メンタルサポート代表)
コメンテータ
熊倉徹雄氏(針生ヶ丘病院院長)
コーディネーター
玄永牧子(福島学院大学専任講師)
[会場] 福島市子供の夢を育む施設「こむこむ館」 わいわいホール(福島市)
[主催]

福島自死遺族ケアを考える会 れんげの会

[共催] 福島県
[後援] 内閣府、福島県教育委員会、福島市、福島市教育委員会、NPO法人ライフリンク、他
[協賛] 日本財団
[入場] 無料 (ただし、資料代として300円程度)
どなたでも参加いただけます。
※特に子どもたちに関わる機会の多い方(教員、育成会、父母会、福祉関係の方)
多数ご参加願います
[問合せ] 福島自死遺児支援シンポジウム事務局   メール:caravan@kokorosasae.jp
[案内資料]

遺された子どもの心の声から 〜わたしたちにできること〜」チラシ






岩手県
[開催日時] 9月30日(日) 受付開始9:00 開演10:00 終了16:45 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 岩手
[キーワード] 新しいつながり(結い)
[テーマ] いのちとこころを支えるいわて 〜今、私たちにできること
[内容] 第一部 演劇「星のしずく」
第二部 テーマ『自死遺族支援〜今、私たちにできること』
T 自死遺族からのメッセージ
U パネルディスカッション「自死遺族支援の課題と方向」
<コーディネーター>
岩手医学大学
<パネラー>
自死遺族
NPO法人ライフリンク
県精神保健福祉センター
県障害保健福祉課
第三部 テーマ『自殺のない地域づくり〜今、私たちにできること』
T 報告「いわて自殺防止月間の取組み」
U パネルディスカッション
「つながりで自殺のない地域をつくる〜私たちの活動報告」
[会場] 教育会館 大ホール (岩手県盛岡市大通一丁目1番16号)
[主催]

岩手県、岩手県自殺予防対策推進協議会

[後援] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、内閣府
[協賛] 日本財団
[入場] 無料
[申込み] 原則として9月20日(木)までに事前申し込み。但し、当日受付も可。
[問合せ] 「岩手県保健福祉部障害保健福祉課」
電話  019(629)5450 FAX  019(629)5454
[案内資料]

こころといのち支えるいわて〜今、私たちにできること〜」チラシ






青森県
[開催日時] 10月6日(土)  受付 9:30 開始10:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 青森
[キーワード] わかりあえる人がいる
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバン inあおもり
[内容] ○シンポジウム 「心の健康づくり・自殺対策の実態と今後の展望」
      〜地域、職場、学校での心の健康づくり・自殺対策は
どこまで進んでいるのか、そして今後は〜

座長       青森県立精神保健福祉センター   所長   渡邉直樹
シンポジスト  秋田県健康福祉部健康推進課    副主幹  高堂祥子
南部町健康増進課             課長補佐 高森正義
三菱マテリアル株式会社青森工場  総務課  妻鹿義明
深浦町立修道小学校          校長    高橋範隆
青森県生活サポート生協設立準備会 事務局 三上善博
○パネルディスカッション 「自死遺族支援の総合対策と私たちに出来ること」
      〜新しいつながりが、新しい解決力を生む〜
ビデオ上映「支え合う自死遺児たち」 
コーデイネーター  NPO法人ライフリンク     代表   清水康之
パネラー        NPO法人ライフリンク           山口和浩
NPO法人ライフリンク           南部節子
青森県つがる市健康推進課 保健師 小山真貴子
青森県障害福祉課       課長  佐藤裕幸 
[会場] アピオあおもり  (青森市中央3丁目17番1号)
[主催]

青森県

[共催] NPO法人自殺対策支援センターライフリンク
[協賛] 日本財団
[協力] 青森県臨床心理士会、青森県精神保健福祉ボランティア連絡協議会
[参加者] 遺族・遺族支援関係者(保健・医療・福祉・教育関係者)等  200名程度
[問合せ] 青森県立精神保健福祉センター(電話 017-787-3951)
[案内資料]

自死遺族支援全国キャラバンinあおもり」チラシ






広島市
[開催日時] 10月7日(日)  開始13:00 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 広島市
[キーワード] 今、ここから始めよう
[テーマ] 自殺予防シンポジウムひろしま 2007
[内容] ○基調講演 「心のSOSにどう対応するか」
○シンポジウム 「今、私たちにできること」
<コーディネータ>
山脇 成人(広島大学大学病院精神科教授)
<シンポジスト>
西田 正弘(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)

○テーマ別講演会 「自死遺族の痛みと課題〜私たちにできること」
[会場] 中国新聞社ホールおよび会議室  (広島市中区土橋町7-1 中国新聞社ビル7階)
[主催]

広島市、広島市教育委員会

[後援]

内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、広島県、広島県司法書士会、他

[入場] 無料
[申込み] 電話(082-221-3113)またはFAX(082-221-6778)で、10月3日(水)までに申込み。
[問合せ] 広島市社会局精神保健福祉室
電話 082-504-2228 FAX 082-504-2256
[案内資料]

自殺予防シンポジウムひろしま 2007」チラシ






滋賀県
[開催日時] 10月8日(月・祝)   開始13:30  終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 滋賀
[キーワード] 知ること、伝えること、つながり続けること〜できることから連携を〜
[テーマ] いのちの尊さを考えるシンポジウム 〜地域ぐるみで自殺を予防するために〜
[内容] 【第一部】基調講演 「自殺の社会的要因をさぐる」
講師:清水新二氏(奈良女子大学 教授)
【第二部】シンポジウム 「地域ぐるみでいのちの大切さを考える」
コーディネーター:清水新二氏(奈良女子大学 教授)
シンポジスト:
西原 由記子 氏(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター:創設者)
尾 角 光 美 氏 (NPO法人ライフリンク:自死遺児)
弘 中 照 美 氏 (多重債務による自死をなくす会:代表幹事)
辻 本 哲 士 氏 (滋賀県立精神保健福祉センター次長:精神科医)
[会場] 滋賀県立長浜文化芸術会館 大ホール (JR長浜駅より、徒歩約15分)
[主催] 滋賀県立精神保健福祉センター
[共催] 滋賀県湖北地域振興局 地域健康福祉部(滋賀県長浜保健所)
[後援] 内閣府、NPO法人ライフリンク、滋賀県司法書士会
[協賛] 日本財団
[対象] 県民、保健医療福祉等関係者
[問合せ] 滋賀県立精神保健福祉センター 電話 077−567−5010 (担当:スギモト)
[案内資料]

いのちの尊さを考えるシンポジウム」チラシ

[特記事項] 相談コーナーを設けます(午後1時30分〜4時30分)
◎専門家が「多重債務・法律相談」に応じます





兵庫県
[開催日時] 10月14日(日) 開場12:30 開始13:00 終了17:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 兵庫
[キーワード] ひとりじゃないよ
[テーマ] 自死について考えるシンポジウム 〜自死遺族とともに〜
[内容] ◎ 基調講演  「社会問題として自死を考える」〜 遺族支援の必要性 〜
奈良女子大学 教授 清水新二氏 
◎ 自死遺族の体験談・手記 
◎ パネルディスカッション  「遺族支援の視点から」
座長       奈良女子大学 教授 清水新二 氏
コメンテーター ライフリンク 代表 清水康之 氏
パネラー    兵庫・生と死を考える会から       高木慶子 氏
わかちあいの会 風舎から        藤本啓子 氏 
多重債務による自死をなくす会から  弘中照美 氏 
リメンバー神戸から             渭川雄基 氏
[主催] 兵庫県
[共催] 兵庫県精神保健福祉協会、兵庫県こころのケアセンター、兵庫・生と死を考える会、
リメンバー神戸、わかちあいの会 風舎、多重債務による自死をなくす会
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、兵庫県司法書士会、他
[協賛] 日本財団
[会場] 兵庫県こころのケアセンター
[問合せ] 兵庫県立精神保健福祉センター(電話 078-252-4980 FAX 078-252-4981)
[案内資料]

自死について考えるシンポジウム〜自死遺族とともに〜」 チラシ

[特記事項] パネラーの団体、および兵庫県司法書士会による個別相談があります。





徳島県
[開催日時] 11月15日(木)  開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 徳島
[キーワード] 話を聞いてくれる人がいることが生きる支えとなる
[テーマ] とくしま自殺対策シンポジウム
[目的] ・自殺総合対策の理念を根付かせる
・「自死遺族のつどい」設立のきっかけを作る
・官民学の枠を超えた自殺対策関係者の連携基盤を構築する。
[内容] ◎ 講演  「自殺総合対策について」
内閣府自殺対策推進室 参事官 高橋 広幸 氏 
◎ 体験発表 遺族による体験談 
◎ シンポジウム  「自殺対策 今私たちにできること」
コーディネーター: NPO法人ライフリンク 代表 清水康之 氏
シンポジスト   : NPO法人ライフリンク 自死遺族支援担当 杉本 脩子 氏
徳島県自殺予防協会 理事長 近藤 治郎 氏 
精神保健福祉センター 所長 石元 康仁 氏 
オブザーバー  : 内閣府自殺対策推進室 参事官 高橋 広幸 氏

◎ パネル展示 「遺族語る(体験談)メッセージパネル」 
[主催] 徳島県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、多重債務による自死をなくす会
[協賛] 日本財団
[会場] 徳島県立障害者交流プラザ(障害者交流センター)
(住所:徳島市南矢三町2丁目1-59 電話:088-631-1200)
[申込] 11月8日(木)までに保健福祉政策課政策調整担当へ電話またはファクシミリで申し込み下さい。
[入場] 無料
[問合せ] 徳島県保健福祉部 保健福祉政策課 政策調整担当
電話:088-621-2179 ファクシミリ:088-621-2839
E-Mail:hokenfukushiseisakuka@pref.tokushima.lg.jp
[案内資料] とくしま自殺対策シンポジウム(自死遺族支援全国キャラバンin徳島)」チラシ





岡山県
[開催日時] 11月28日(水)  開始13:00 終了17:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 岡山
[キーワード] 安心して悲しみを吐き出すことのできる社会をめざして
[テーマ] おかやま自殺予防と自死遺族支援を考えるフォーラム
[内容]

 ◎ 大会式典 (岡山県精神保健福祉大会)  13:00〜
【フォーラム】                       14:00〜
 ◎ 基調講演 「喪失と悲嘆への気づきとパートナーシップ」
講師:     花岡 正憲 (グリーフワーク・かがわ)
 ◎ 自死遺族体験発表
 ◎ パネルディスカッション 「いのちを考える 今私たちにできること」
パネリスト: 清水 康之 (NPO法人ライフリンク 代表)
山口 和浩 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe 代表)
川崎 政宏 (NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ理事長)
三宅 喜憲 (岡山生と死を考える会) 
徳山 雅之 (岡山県保健福祉部健康対策課長) 
コーディネーター: 黒田 重利 (岡山大学精神神経病態学教授)
藤田 健三 (岡山県精神保健福祉センター所長) 

[主催] 岡山県・岡山県精神保健福祉協会
[共催] 岡山県自殺対策連絡協議会、NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、岡山生と死を考える会、他
[協賛] 日本財団
[会場] 岡山衛生会館 三木記念ホール   (岡山市古京町1-1-10)
[問合せ] 岡山県精神保健福祉協会   電話:086-273-0643
[案内資料] おかやま自殺予防と自死遺族支援を考えるフォーラム」チラシ





三重県
[開催日時] 12月9日(日)  開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 三重
[キーワード] 分からない。でも、分かりたい
[テーマ] 安心して暮らせる地域を目指して〜自殺について考えよう〜
[内容]

【開 会】13:00〜13:10 知事あいさつ 三重県知事 野呂昭彦
開会趣旨説明 自殺予防対策推進協議会長 棚橋尉行氏
【第1部】13:10〜13:40 基調講演「自殺総合対策の実現に向けて」
〈講師〉
NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表 清水康之氏
【第2部】13:40〜14:10  自死遺族からのメッセージ
【第3部】14:20〜15:50  パネルディスカッション
◎自殺予防・自死遺族支援 〜支え合う地域を目指して 今、私達ができること〜
〈コーディネーター〉
三重県健康福祉部 医療政策監 西口裕 
〈パネリスト〉
NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表 清水康之氏
NPO法人自死遺族支援ネットワークRe 代表 山口和浩氏
NPO法人三重いのちの電話協会 副理事表 珍道世直氏
三重県自殺予防対策推進協議会 代表 谷井久志氏
三重県こころの健康センター 所長 ア山 忍 
(同時進行で相談会開催)
13:30〜15:30  司法書士による多重債務の相談

[主催] 三重県、三重県自殺予防対策推進協議会
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、多重債務による自死をなくす会、
三重県司法書士会
[協賛] 日本財団
[会場] 三重県庁講堂棟 1階 講堂   (〒514-8570 津市広明町13番地)
[参加費] 無料 (定員250名)
[案内資料] 三重県自殺予防対策シンポジウム in 三重」(表・案内チラシ)
三重県自殺予防対策シンポジウム in 三重」(裏・申込用紙)
[申し込み] FAXにて氏名、連絡先電話番号、人数を明記の上、三重県こころの健康センター
へ申し込む(FAX 059−255−2835)





広島県
[開催日時] 12月11日(火) 開場13:00 開始13:30 終了16:45 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 広島
[キーワード] 耳を傾けよう 命の声
[テーマ] 『 わたしの,あなたの,みんなの大切な命 』
〜自死遺族からのメッセージを受け取ろう〜
[内容]

【1】あいさつ(13:30〜)
【2】自死遺族からのメッセージ (13:45〜14:30)
*自死遺族とは,自殺により大切なご家族を失われた方のことです。

【3】シンポジウム(14:40〜16:45)
「かけがえのない命を守るために 〜私たち一人ひとりにできること〜」
《シンポジスト》
横田 則夫 (広島県立総合精神保健福祉センター 所長)
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表)
山口 和浩 (自死遺族支援ネットワークRe 代表)
塩山 二郎 (社会福祉法人広島いのちの電話 理事・評議員及び運営委員長)
《コーディネーター》
桐山 美紀子 (広島県東広島地域保健所 保健課長)

    篠笛(しのぶえ)演奏 「いのち・癒しの響き」   演奏者 栗本 ひろこ さん
[主催] 広島県
[共催] 竹原市・竹原市教育委員会,大崎上島町・大崎上島町教育委員会
[後援] 内閣府,東広島市・東広島市教育委員会,自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[会場] 東広島市市民文化センター 3階アザレアホール
(東広島市西条西本町28-6サンスクエア東広島内)
[問合せ] 広島県東広島地域保健所 保健課 電話082-422-6911
[申し込み] 12/5までに東広島地域保健所保健課(082-422-6911)へ電話でお申し込みください。
(当日参加も可)
[案内資料] 広島県自殺対策シンポジウムのご案内」チラシ





山形県
[開催日時] 12月15日(土) 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 山形
[キーワード] 語れぬ思いを語ろう わかりあいたい輪
[テーマ]  自死遺族支援全国キャラバン in やまがた
『 語れぬ思いを語ろう 』
[内容]

【1】挨拶・趣旨説明(13:00〜13:20)

【2】自死遺族の体験談(13:20〜14:00)
*自死遺族とは,自殺により大切なご家族を失われた方のことです。

【3】パネルディスカッション(14:10〜15:40)
  「自死遺族支援 〜これから私たちにできること〜」
《パネラー》
山形県健康福祉部障がい福祉課課長補佐 佐久間正則 氏
山形県精神保健福祉センター所長 有海清彦 氏
山形産業保健推進センター 産業保健相談員 東谷慶昭 氏
自死遺族支援団体代表者 れんげの会 金子久美子 氏
《コーディネーター》
NPO 法人自殺対策支援センター ライフリンク 代表 清水康之 氏

【4】自死遺族支援準備会設置の説明(15:40〜15:55)
・自死遺族支援窓口設置に向けた準備
・自助グループ育成に向けた準備についての説明

【5】閉会挨拶(15:55〜16:00)

[主催] 山形県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 山形市保健センター 大会議室(霞城セントラル3階)
(山形市城南町1-1-1)
[問合せ] 山形県精神保健福祉センター TEL 023-624-1217  FAX 023-624-1656
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン in やまがた」チラシ
自死遺族支援全国キャラバン in やまがた 参加申込書





島根県
[開催日時] 12月22日(土) 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 島根
[キーワード] 安心して思いを語れる環境を、声に耳を傾けることから
[テーマ] 自死遺族支援、私たちにもできること
[内容]

13時00分 あいさつ 法正良一 (島根県健康福祉部長)
13時05分 行政説明「島根県の自殺対策の現状
小池律雄 (島根県障害者福祉課長)
13時30分 自死遺族からのメッセージ
14時20分 パネルディスカッション『自死遺族支援のあり方を考える』
コーディネーター
青木眞策 (心と体の相談センター所長)
パネラー
清水康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
西田正弘 (自死遺族支援団体・分かち合いの会あんだんて顧問)
藤井麻由美 (島根県障害者福祉課保健師)

[主催] 島根県 島根県自殺総合対策連絡協議会
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] サンラポーむらくも
(松江市殿町369 Tel 0852-21-2670)
[参加費] 無料  ※どなたでも参加できます。
[申込み] (1)申込期限  平成19年12月12日(水)
(2)申 込 先   島根県障害者福祉課自立支援医療グループ
FAX 0852-22-6687  TEL 0852-22-6321
(3)申込方法  別添ちらし裏面申し込み用紙または電話で申込んでください。
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン in しまね」チラシ





千葉県
[開催日時]  1月12日(土) 開始13:00 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 千葉
[キーワード] いのちとこころが響き合う社会をめざして
[テーマ] 生きやすい社会へ向けて―今私たちにできること―
[内容]

【1】あいさつ(知事,千葉市長):13:00〜
【2】講 演
(1)こころのメッセージ「自死で母を亡くして」:13:15〜
弘中 照美 氏 (多重債務による自死をなくす会代表幹事)
(2)「多重債務の解決に向けて」:14:05〜
陶山 嘉代 氏 (千葉県弁護士会)
【3】パネルディスカッション
生きやすい社会へ向けて―今私たちにできること−」:14:45〜
[コーディネーター]
亀井 雄一 氏 (国立精神・神経センター国府台病院)
[パネラー]
橋 広幸 氏 (内閣府自殺対策推進室参事官)
清水 康之 氏 (NPO法人ライフリンク代表)
西田 正弘 氏 (分かち合いの会あんだんて顧問)
宮本 俊明 氏 (新日本製鐵(株)君津製鐵所産業医)
陶山 嘉代 氏 (千葉県弁護士会)

[主催] 千葉県,千葉市
[後援] 内閣府,自死遺族支援全国キャラバン実行委員会,千葉県多重債務問題対策本部,千葉県弁護士会
[協賛] 日本財団
[会場] プラザ菜の花 3階 大会議室
(千葉県千葉市中央区長洲1-8-1)
[定員]  250名(申込み先着順 入場無料)
[対象者] 県民,保健・医療・福祉・消費者相談窓口関係者
[申込方法] 電話,はがき,ファックス,Eメールで事前申込み
(氏名,連絡先,市区町村名,参加人数を記入)
[申込先] 千葉県健康福祉部健康づくり支援課
〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1
TEL 043-223-2668 FAX 043-225-0322
E-mail kokoken@mz.pref.chiba.lg.jp
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_kenzou/kokoken2.htm
[パネル展] 遺族が語る自死者のメッセージ:13:00〜
[案内資料] ちば自殺対策県民フォーラム 『いのちとこころを考えるちば』」チラシ





岐阜県
[開催日時]  1月19日(土) 開場13時 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[テーマ] 「自死」を知り・伝え・つながるフォーラム
[報告] 報告:全国キャラバン in 岐阜
[キーワード] 「自死」を知り・伝え・つながることから始まる
[内容] 13:30  開会あいさつ
精神保健福祉センター所長 丹羽伸也
13:40  自死遺族体験談
14:30  休憩
14:40  パネルディスカッション
「自殺対策・自死遺族支援−今、「私」にできること−」
コーディネーター:
精神保健福祉センター所長 丹羽伸也
パネリスト:
リメンバー名古屋自死遺族の会代表幹事 花井幸二氏
NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表 清水康之氏
自死遺族
岐阜県健康福祉部保健医療課課長 田中剛氏
16:20  関係団体からのメッセージ
16:25  閉会のことば
精神保健福祉センター所長 丹羽伸也
16:30  閉会
[主催] 岐阜県精神保健福祉センター
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、
(含:申請中)岐阜県警察本部、岐阜県市長会、岐阜県町村会、岐阜県医師会、
岐阜県精神保健福祉協会、多重債務による自死をなくす会、
岐阜県臨床心理士会、NPO法人岐阜いのちの電話協会、岐阜県司法書士会
[協賛] 日本財団
[会場] 羽島市文化センター みのぎくホール
(住所:羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地  電話:058-393-2231)
[定員] 350名(参加費無料) ※事前申込不要
[対象者] 一般県民、行政関係者等
[問合せ先] 岐阜県精神保健福祉センター 「自死」を知り・伝え・つながるフォーラム係
〒500-8385 岐阜市下奈良2-2-1
    TEL: 058-273-1111(内線:2252)    FAX: 058-275-5097
http://www.pref.gifu.lg.jp/portal/GPR8/GPR8101V04.php?EVENT_ID=3753
[案内資料] 『自死』を知り・伝え・つながるフォーラム 」チラシ





埼玉県
[開催日時] 1月20日(日) 開場12:30 開始13:00 終了16:40 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 埼玉
[キーワード] 孤立を防ぐ、こころのキャッチボール
[テーマ] 埼玉自殺対策シンポジウム
[内容]

【1】第1部:講演
『こころの健康と自殺対策』
講師:防衛医科大学校精神科学講座教授 野村 総一郎氏
【2】第2部
『自死遺族の方の体験談』
【3】パネルディスカッション
いのちの尊さを考える〜今、私達にできること
コーディネーター
清水 康之 氏 (NPO法人ライフリンク代表)
パネリスト
山口 和浩 氏 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表)
大野 絵美 氏(分かちあいの会あんだんて)
堀川 直史 氏(埼玉医科大学総合医療センター)
裄V 秀明 氏(埼玉県保健医療部疾病対策課長)
菊池 礼子 氏(埼玉県精神保健福祉センター主幹)

[主催] 埼玉県
[後援] 内閣府、さいたま市、桶川市、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 桶川市民ホール響の森 大ホール
(埼玉県桶川市若宮1-5-9 TEL.048-789-1113(桶川市民ホール))
[定員]  580名(入場無料)
[申込み] 往復はがき(氏名・住所・電話番号を明記)にて下記申込み先まで
〒330-9301
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1
埼玉県保健医療部疾病対策課 精神保健担当
[問合せ先] 保健医療部疾病対策課 精神保健担当
電話 048−830−3565
mail:a3590-03@pref.saitama.lg.jp
http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BU00/suicide/event.html
[案内資料] 埼玉自殺対策シンポジウム」チラシ





福岡県
[開催日時]  1月25日(金) 開場12:30 開始13:00 終了16:50 (終了しました)
[テーマ] ふくおか自殺対策シンポジウム
[報告] 報告:全国キャラバン in 福岡
[キーワード] つながる手、わかち合う声
[内容] 【第1部】基調講演 13:10〜14:00
『地域の自殺対策を考える』
神庭 重信 (九州大学大学院医学研究院精神病態医学教授)
【第2部】自死遺族からのメッセージ 14:00〜14:35
自死遺族支援の方
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
【第3部】パネルディスカッション 14:50〜16:50
『いのちを支える現場から』
<パネリスト>
小野 亨雄 (北九州いのちの電話理事長)
宇都宮 健児 (日本弁護士連合会多重債務対策部長代行)
井上 久美子 (リメンバー福岡自死遺族の集い代表)
植田 清一郎 (福岡県医師会常任理事)
<オブザーバー>
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
平田 輝昭 (福岡県保健福祉部医監)
<コーディネーター>
神庭 重信 (九州大学大学院医学研究院精神病態医学教授)
[主催] 福岡県
[共催] 北九州市, 福岡市, 福岡県医師会, 福岡県弁護士会, リメンバー福岡自死遺族の集い, 北九州いのちの電話, 福岡いのちの電話, 福岡県精神科病院協会, 福岡県地域精神保健協議会, 福岡県精神保健福祉協会
[後援] 内閣府, 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会, 多重債務による自死をなくす会, 他
[協賛] 日本財団
[会場] ソラリアステージ6F 西鉄ホール 
(福岡市中央区天神2丁目11−3)
[定員]  460名(入場無料) ※定員になり次第、締め切らせていただきます
[対象者] どなたでも参加できます ※当日は手話通訳を行います
[申込み] 電話またはファックスで下記宛にお申込みください。
電話 092-643-3265 FAX :092-643-3304
◇氏名、団体名、連絡先(電話)の記入をお願いします。
◇電話番号は定員を超えた後の申込みに際し、こちらから連絡をさせて
いただくためのものです。
福岡県のホームページ上からも申込みが出来るようになりました。
パソコン  http://www.shinsei.pref.fukuoka.lg.jp
携帯電話  http://www.shinsei.pref.fukuoka.lg.jp/k/
[問合せ先] 福岡県保健福祉部 障害者福祉課 精神保健福祉係
電話 092-643-3265
[案内資料] ふくおか自殺対策シンポジウム」チラシ (2頁目が申し込み用紙になってます)





沖縄県
[開催日時]  1月26日(土) 受付13:00 開始13:30 終了16:40 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 沖縄
[キーワード] 「実はね…」が安心して言える地域へ
[テーマ] 自殺対策シンポジウム
かけがえのないあなたへ ひとりで悩まないで!!
[内容]

◆自死遺族からのメッセージ(体験発表)
「大切な人を失って〜遺族からのメッセージ」
◆シンポジウム
「自死遺族支援 今、私たちにできること」
[コーディネーター]
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
[シンポジスト]
山口 和浩 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表)
井村 弘子 (沖縄県臨床心理士会会長)
上里 とも子 (沖縄県福祉保健部障害保健福祉課)
◆キャラバンメッセージ(関係団体の紹介)

[主催] 沖縄県 沖縄県自殺対策連絡協議会
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会 沖縄県医師会 他
[協賛] 日本財団
[会場] 沖縄産業支援センター (1F)
(〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄1831番地1)
[入場] 無料 ※どなたでもお気軽にご参加下さい
[問合せ先] 沖縄県障害保健福祉課  電話:098-866-2190
[案内資料] 自殺対策シンポジウム」チラシ
[相談会] 臨床心理士会による無料相談会を同時開催します (13:00〜17:00)3F
(心の悩み相談、ご遺族向け相談など)





栃木県
[開催日時]  1月27日(日) 受付12:30 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 栃木
[キーワード] 寄り添うことの大切さ、寄り添えることの心強さ
  〜誰もが笑顔で暮らせる社会を目指して〜」
[テーマ] 〜自殺対策・自死遺族支援 私たちにできること〜
[内容] 【開 会】  13:00〜 主催者あいさつ
【第1部】  13:05〜 自死遺族からのメッセージ(体験談)
【第2部】  14:00〜 シンポジウム
「栃木県における自殺対策について」
〜自殺対策・自死遺族支援 私たちにできること〜
コーディネーター
中村 好一(自治医科大学 教授、栃木県自殺対策連絡協議会 会長)
シンポジスト
・石井 重利 社団法人栃木県医師会 常任理事
・伊澤 正之 弁護士(栃木県多重債務者対策協議会委員)
・坂本 裕一 下野新聞社 編集局社会部長
・大橋 房子 社会福祉法人栃木いのちの電話 事務局長 
・増茂 尚志 栃木県精神保健福祉センター 所長
・清水 康之 NPO法人自殺対策支援センターライフリンク 代表
[主催] 栃木県、栃木県自殺対策連絡協議会
[後援] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会(NPO法人ライフリンク)、内閣府
[協賛] 日本財団
[会場] とちぎ健康の森 講堂
(栃木県宇都宮市駒生町3337-1)
[定員]  400名 (参加費無料)
[対象者] 一般県民 ◎どなたでも受講できます
[申込み] 下記の申込書により栃木県精神保健福祉センターあてFAXまたは郵送で申込み
〒329-1104 宇都宮市下岡本町2145-13
電話)028−673−8785  FAX)028−673−6530
 ※記載内容が網羅されていれば、本申込書に拘らなくて結構です。
※申込者全員の氏名(仮名可)及び連絡先(電話番号)を記載してください。
※申込書で得られた個人情報は、参加者確認・報告書用並びに各種データの作成に使用します。
[問合せ先] 栃木県障害者福祉課 精神保健福祉担当
電話番号: 028-623-3093   ファックス番号: 028-623-3052
Eメール: syougai-fukushi@pref.tochigi.jp
[案内資料] 第2回自殺対策講演会」チラシ (下部が申込書になってます)
[相談会] 当日は、栃木県自殺対策連絡協議会構成機関・団体構成機関の協力により、各種の無料相談(こころの悩み相談、多重債務相談)を実施します。





愛知県
[開催日時]  2月3日(日) 開場12:00 開始13:00 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 愛知
[キーワード] やさしさと思いやりのあふれた社会を
[テーマ] 愛知県自殺対策シンポジウム 〜生きやすい社会の実現を目指して〜
[内容] 【1】基調講演
 「自殺への気づきと見守り ―精神科医の立場から―」
講師 香山 リカ 氏 帝塚山学院大学教授(精神科医)
【2】パネルディスカッションT
「自死遺族からのメッセージ ―自死遺族支援にむけて―」
パネリスト
野々山尚志氏 (リメンバー名古屋自死遺族の会運営委員)
花井 幸二氏 (愛知県自殺対策推進協議会委員)
清水 康之氏 (NPO 法人ライフリンク代表)
コーディネーター
大重 ョ三郎 (愛知県精神保健福祉センター所長)
【3】パネルディスカッションU
「働き盛りの自殺予防 ―相談窓口のネットワーク―」
パネリスト
香山 リカ氏 (帝塚山学院大学教授)
瀧  康暢氏 (弁護士)
杉本日出子氏 (産業保健師)
コーディネーター
吉田  京 (愛知県健康福祉部技監)
[主催] 愛知県
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会 愛知県教育委員会
[協賛] 日本財団
[会場] ウィルあいち 4階 ウィルホール
(名古屋市東区上竪杉町1番地)
[定員] 700名 (先着順受付) ※入場無料
[問合せ先] 愛知県健康福祉部障害福祉課こころの健康推進室
電話 052−954−6621
http://www.pref.aichi.jp/0000009535.html
愛知県精神保健福祉センター保健福祉課
電話 052−962−5377
[案内資料] 愛知県自殺対策シンポジウム」チラシ
[その他] ※当日は要約筆記を行ないます。
また、手話通訳をご希望される方は、1月21日(月)までにお申し込みください。





熊本県
[開催日時]  2月7日(木) 開場12:30 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 熊本
[キーワード] 弱音を吐きましょう
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバン@くまもと
   身近な人の自殺により、悩み苦しんでいる人がたくさんいます。
ご遺族の声に耳を傾け、そこから、私たちにできることを考えてみませんか。
[内容]

■全国キャラバンについて

■自死遺族体験談

■パネルディスカッション「私たちにできること」
〈パネラー〉
熊本県障害者支援総室長        前田 博 氏
くろかみ心身クリニック院長        本島 昭洋 氏
カウンセリングオフィスKMJメンタルアシスト代表
松下 弘子 氏
NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表
山口 和浩 氏
NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表
清水 康之 氏

〈コーディネーター〉           黒木 よしひろ 氏

★パネル展示コーナー(6Fロビー)
・自死遺族からのメッセージ
・くまもと自殺予防医療サポートネットワーク
・熊本産業保健推進センター
・熊本いのちの電話
・熊本こころの電話

[主催] 熊本県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 熊本市国際交流会館 6階ホール
(熊本市花畑町4番8号  電話:096-359-2020)
[定員] 200名 (先着順受付) ※入場無料
[申込み] ●参加ご希望の方(機関・団体)は、電話またはFAXで申し込んで下さい。
 熊本県精神保健福祉センター
TEL:096-359-6401   FAX:096-359-6494
※FAXの場合は、
チラシの2頁目(裏面)の申込用紙をご使用下さい。
※お申し込み後、当センターから特に連絡のない場合は、ご参加いただけます。
[問合せ先]  熊本県精神保健福祉センター
http://www.pref.kumamoto.jp/construction/section/seishin/
TEL:096-359-6401   FAX:096-359-6494
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン@くまもと」チラシ (2頁目が申込用紙です)





鹿児島県
[開催日時]  2月9日(土) 開場12:00 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 鹿児島
[キーワード] できることから 寄り添い合う
[テーマ] 支え合ういのちとこころ  〜いま,わたしたちにできること〜
[内容]

■あいさつ
■自死遺族からのメッセージ(体験発表)
■シンポジウム:テーマ「自殺対策,いま,私たちにできること」
【コーディネーター】
宇田 英典 氏 (鹿屋保健所 所長)
【シンポジスト】
川原 芳子 氏 (さつま町 保健師)
禧久 孝一 氏 (奄美市 市民生活係長)
平川 忠敏 氏 (鹿児島いのちの電話 運営理事)
山口 和浩 氏 (自死遺族支援ネットワークRe 代表)
【助言者】
佐野 輝  氏 (鹿児島大学医学部 教授)
清水 康之 氏 (自殺対策支援センターライフリンク 代表)
■閉会挨拶

※当日、会場では多重債務、メンタルヘルスに関する無料相談会もあります。

[主催] 鹿児島県,鹿児島県精神保健福祉協議会
[共催] 鹿児島市
[後援] 内閣府,自死遺族支援全国キャラバン実行委員会,鹿児島県臨床心理士会,
鹿児島県弁護士会,鹿児島県司法書士会,他
[協賛] 日本財団
[会場] 谷山サザンホール (鹿児島市谷山中央一丁目4360番地)
[申込み] 事前申込不要 ※入場無料
[問合せ先] 鹿児島県障害福祉課  電話 099-286-2754
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン 鹿児島大会」チラシ





石川県
[開催日時] 2月11日(月・祝) 開始13:00 終了17:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 石川
[キーワード] 遺族の声から始まる自殺対策
[テーマ] 自殺問題を考えるシンポジウム
[内容]

<13:00>
開 会
<13:10>
【第1部】シンポジウム “遺族の声から始まる自殺対策”

《セッションT》遺族からのメッセージ

《セッションU》パネルディスカッション
コーディネーター
西田 正弘 氏 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク)
パネリスト
山口 和浩 氏 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表)
山内 ミハル 氏 (金沢こころの電話会長)
林 正 男    (石川県健康福祉部次長)

<15:10>
【第2部】映画「風のダドゥ」上映会

[主催] 石川県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 石川県地場産業振興センター ・新館コンベンションホール
(金沢市鞍月2丁目1番地)
[対象] 医療保健従事者、労働関係者、教育関係者、警察関係者、一般県民等 約300人
[入場] 無料
[申込み] ※ 参加を希望される方は、1月31日(木)までにFAX等にてお申込み下さい。
送信先:県障害保健福祉課 FAX 076(225)1429
[案内資料] 自殺問題を考えるシンポジウム」チラシ (※2頁目にFAX申込書フォーム)





奈良県
[開催日時]  2月15日(金) 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[テーマ] 「自殺対策シンポジウムin奈良」 〜自死遺族支援 私たちにもできること〜
[報告] 報告:全国キャラバン in 奈良
[キーワード] 人は人によって癒される
[内容]

◇あいさつ 13:30〜13:45
・主催者挨拶(健康安全局長)
・全国キャラバン趣旨説明(ライフリンク)
◇基調講演 13:45〜14:05
「自殺総合対策大綱について」(内閣府自殺対策推進室)
◇体験発表 14:05〜14:45
「自死遺族の体験発表」
(休憩) 14:45〜14:55
◇パネルディスカッション 14:55〜16:25
<パネラー>
植村圭子 (奈良いのちの電話協会理事長)
神澤 創 (帝塚山大学教授・奈良県自殺対策連絡協議会座長)
杉本脩子 (全国自死遺族総合支援センター代表幹事)
高橋良斉 (奈良県精神保健福祉センター所長)
畑中伊知雄(奈良県福祉部健康安全局健康増進課長)
<コーディネーター>
清水康之(NPO法人自殺対策支援センター ライフリンク代表)
◇閉会挨拶 16:25〜16:30

◇相談会の実施 (開催時間中)
・自死遺族相談(奈良いのちの電話協会)
・多重債務相談(奈良県司法書士会)

[主催] 奈良県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、奈良県自殺対策連絡協議会
[協賛] 日本財団
[会場] 奈良県医師会館 講堂    (奈良県橿原市内膳町5−5−8)
[定員] 250名 (事前申込み不要・先着順) ※入場無料
[問合せ先] 奈良県福祉部健康安全局  健康増進課精神保健係
TEL 0742-27-8660
[案内資料] 自殺対策シンポジウム in 奈良」チラシ 





富山県
[開催日時]  2月16日(土) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 富山
[キーワード] ひとりで悩まないで あなたは大切な人
[テーマ] 「自死遺族支援を考える集い」
[内容]

13:00〜13:30 受 付
13:30〜13:35 あいさつ
13:35〜14:15 自死遺族からのメッセージ
14:15〜14:30 休 憩
14:30〜16:30 パネルディスカッション

「自死遺族の支援のために」
コーディネーター: 西田 正弘 氏 (NPO 法人ライフリンク)
パネリスト:     井上 久美子氏 (リメンバー福岡)
豊原 則子 氏 (富山・生と死を考える会)
高野 利明 氏 (富山県臨床心理士会)
角田 雅彦 氏 (富山県精神科医会)
數川 悟 氏 (富山県心の健康センター)

* 終了後、富山県司法書士会からの多重債務についての情報提供コーナーを設けます。
* 駐車場には限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用下さい。

[主催] 「富山県自死遺族支援の集い実行委員会」
  [(社)富山県精神保健福祉協会、富山県精神科医会、富山県臨床心理士会、
富山県精神保健福祉士協会、日本精神科看護技術協会富山県支部、
富山県司法書士会、NPO法人エッセンスクラブ、富山・生と死を考える会]
[共催] 富山県
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会(NPO法人ライフリンク)
[協賛] 日本財団
[会場] 富山県民会館 304号室    (富山市新総曲輪4?18)
[参加] ※参加無料 (どなたでも参加できます)
[問合せ先] 富山県心の健康センター
TEL 076−428−1511
[案内資料] 自死遺族支援を考える集い」チラシ 





高知県
[開催日時]  2月17日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[テーマ] 自死遺族支援を考えるシンポジウム(自死遺族支援全国キャラバンin高知)
[報告] 報告:全国キャラバン in 高知
[キーワード] あなたと語りたい。あなたの隣にいるよ
[内容]

■挨拶(全国キャラバンの趣旨説明含む)
■自死遺族の体験談
(休 憩)
■シンポジウム
  「遺された人の苦しみと向き合う〜共に生きる社会の中でできること〜」

 シンポジスト:川野 健治 (自殺予防総合対策センター自殺対策支援研究室長)
山口 和浩 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表、
NPO法人ライフリンク)
小野川 恵利 (四万十町 保健師)
元吉 喜志男 (高知県健康福祉部 副部長)

 コーディネーター:山ア 正雄(高知県立精神保健福祉センター所長)

[主催] 高知県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、
高知県医師会、高知県精神科病院協会、 高知県精神神経科診療所協会、 高知県臨床心理士会、高知臨床心理協会、 高知県精神保健福祉士協会、高知いのちの電話協会、高知県社会福祉協議会、 NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、 KSSさんさんテレビ、高知ケーブルテレビ、FM高知
[協賛] 日本財団
[会場] 高知会館 白鳳
(高知市本町5丁目6−42  TEL:088−823−7123)
[定員] 定員200名(先着順 入場無料)
[問合せ先] 高知県健康づくり課 TEL:088−823−9669
[案内資料] 自死遺族支援を考えるシンポジウム」チラシ





茨城県
[開催日時]  2月23日(土) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 茨城
[キーワード] 気付いてください、あなたのすぐそばに相談できる人や場所がある
[テーマ] 自殺対策シンポジウム in 茨城
〜自死遺族の声を聞いて一緒に考える「気づきと見守り」〜
[内容]

◆開会(挨拶・趣旨説明)                13:30〜14:00
挨拶    茨城県副知事                   川俣 勝慶
趣旨説明 NPO法人ライフリンク事務局長       藤澤 克己 氏
行政説明 「茨城県の自殺対策の現状」         保健福祉部障害福祉課
◆自死遺族からのメッセージ             14:00〜14:40
自死遺族                     南部 節子 氏
※自死遺族とは,自殺により大切なご家族を失われた方のことです。
◆シンポジウム                     14:50〜16:20
テーマ 自死遺族の声を聞いて一緒に考える「気づきと見守り」
[コーディネーター]
茨城県精神保健福祉センター長            荒木 均
[シンポジスト]
弁護士                             阿久津 正晴 氏
茨城いのちの電話事務局長                秋元 元子 氏
生と死を考える会茨城支部事務局           太田 幸栄 氏
福島自死遺族ケアを考える会 れんげの会代表   金子 久美子 氏

※多重債務相談・こころの相談 (無料・秘密厳守)も同時開催 !

[主催] 茨城県 茨城県自殺対策連絡協議会
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会 茨城司法書士会
[協賛] 日本財団
[会場] 茨城県県南生涯学習センター (土浦駅前ウララビル5階)
[定員] 定員300名(先着順 入場無料)
[申込み] 入場,相談とも先着順といたしますので,氏名(匿名可),参加人数,連絡先をご記入のうえ,ファックス,eメールでお申し込みください。(当日参加も可)
[問合せ・
申込先]
〇茨城県保健福祉部障害福祉課 精神保健グループ
FAX: 029(301)3371  eメール:shofuku@pref.ibaraki.lg.jp
TEL: 029(301)3368
[案内資料] 自殺対策シンポジウム in 茨城」チラシ





長野県
[開催日時]  2月24日(日) 開場12:00 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 長野
[キーワード] 守ろう大切ないのち
[テーマ] “自死遺族支援全国キャラバンinながの” 守ろう大切ないのち
[内容]

13:00 開会・あいさつ 
13:05 講演
内閣府政策統括官付き自殺対策担当官 高橋広幸氏
・ 「国の自殺対策における動向」
巽 信夫氏 
・「喪失体験と癒し」
14:30 遺族の声 「自死遺族の痛みと課題」
自死遺族(交流会参加者の声)
・自死遺族の痛みと回復への道のり
自死遺族支援ネットワークRe代表 山口和浩氏
・先進地からの活動報告
自殺対策支援センターライフリンク代表 清水康之氏
・「1000人(自殺者)の声なき声に耳を傾ける」調査結果から
精神保健福祉センター所長 小泉典章氏
・進行
16:00 閉会

[主催] 長野県
[共催] 信濃毎日新聞社
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会 長野いのちの電話
[協賛] 日本財団
[会場] 信濃毎日新聞社本社 (〒380-8546長野市南県町657 TEL 026-236-3360)
[入場] 定員120名(入場無料)
[申込み] 往復はがきにより、長野県精神保健福祉センターあて申し込んでください。
『記入方法』
◇往信<表>
〒380-0928 長野市若里7-1-7 長野県精神保健福祉センター宛
◇往信<裏>
「守ろう大切ないのち」研修会参加希望とお書きください
住所、氏名、電話番号、勤務先、職種をご記入ください
◇返信<表>
〒返信先住所 返信者名
◇ 返信<裏)
(何も記入しない)
[問合せ・
申込先]
〒380-0928長野市若里7-1-7 長野県精神保健福祉センター
TEL 026-227-1810 FAX 026-227-1170
[案内資料] “自死遺族支援全国キャラバンinながの”守ろう大切ないのち」チラシ





北海道
[開催日時]  3月2日(日) 開場12:00 開始13:00 終了16:15  (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 北海道
[キーワード] どんな時にも大切にしたい、分かち合う心
[テーマ] ほっかいどう自殺予防と自死遺族支援のためのシンポジウム
[内容]

●開会・あいさつ
●「自死遺族からのメッセージ」
●シンポジウム
「自死遺族支援〜今私たちにできること〜」
【シンポジスト】
吉野 淳一 (癒しの会代表)
縄井 詠子 (十勝保健福祉事務所子ども・保健推進課長)
築島  健 (札幌こころのセンター所長)
山口 和浩 (NPO法人自死遺族支援ネットワークRe代表)
清水 康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
【コーディネーター】
市川 淳二 (北海道立精神保健福祉センター相談研究部長)
●閉会・あいさつ

※シンポジウム終了後(16:30〜)に自死遺族のための相談会があります
・相談ご希望の方は2月24日(日)までに予約してください。(相談無料)
・予約先/札幌市コールセンター 011-222-4894

[主催] 北海道・札幌市
[後援] 内閣府 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] WEST19 講堂(札幌市中央区大通西19丁目)
[入場] 入場無料
[問合せ先] ○ 北海道(障害者保健福祉課) 電話 011-204-5455
○ 札幌市コールセンター      電話 011-222-4894
[案内資料] ほっかいどう自殺予防と自死遺族支援のためのシンポジウム」チラシ





鳥取県
[開催日時]  3月9日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 鳥取
[キーワード] 孤立を防ぐ、安心して語れる町づくり
[テーマ] 鳥取県自殺対策シンポジウム (自死遺族支援全国キャラバンinとっとり)
[内容]

テーマ「自殺を語ることのできる社会へ 〜自死遺族支援を考える〜」
◆開会
◆自死遺族からのメッセージ
(休憩)
◆パネルディスカッション
   「自殺を語ることのできる社会へ〜自死遺族支援を考える〜」
<<コーディネーター>>
原田  豊 鳥取県立精神保健福祉センター所長
<<パネリスト>>
西田 正弘 NPO法人自殺対策支援センターライフリンク
川ア 政宏 NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ理事長
中込 和幸 鳥取大学医学部教授
長谷川照子 日南町福祉保健課主任保健師
◆閉会

●パネル展示:遺族が語る「自死者メッセージ」

[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会 鳥取県 鳥取県自殺対策連絡協議会
[後援] 内閣府 鳥取県司法書士会
[協賛] 日本財団
[会場] 鳥取県立県民文化会館 第1会議室(鳥取市尚徳町101-5 電話:0857-21-8700)
[入場] 入場無料
[問合せ先] 鳥取県福祉保健部健康政策課健康とっとり企画推進係 (担当:森)
電話:0857-26-7202  FAX:0857-26-8143
[案内資料] 鳥取県自殺対策シンポジウム(自死遺族支援全国キャラバンinとっとり)」チラシ





大分県    (※自主開催)
[開催日時]  3月9日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 大分
[キーワード] できることから一歩ずつ
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 大分
[内容] 1.「全国キャラバン」趣旨説明
2.分かち合いの場「自死遺族のつどい」について
3.パネルディスカッション 「自死遺族支援〜いま、私たちにできること〜」
影山 隆之 (大分県立看護科学大学)
山口 和浩 (自死遺族支援ネットワークRe)
清水 康之 (自殺対策支援センターライフリンク)
4.「全国キャラバン」リレーメッセージ

※会場内に メッセージパネル「遺族語る」 の展示を予定しています
[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[後援] 内閣府
[協賛] 日本財団
[会場] 大分文化会館 第1小ホール (大分市荷揚町4番1号 Tel 097-532-1295)
[定員] 先着150名 (事前申込不要) ※入場無料
[問合せ先] 自殺対策支援センターライフリンク内 「全国キャラバン」実行委員会事務局
電話:03-3261-4934  FAX:03-3261-4390  メール:info@lifelink.or.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 大分」 チラシ





愛媛県    (※自主開催)
[開催日時]  3月15日(土) 開場13:00 開始13:30 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 愛媛
[キーワード] ネットワークとは、顔の見えるつながりのこと
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 愛媛
[内容] 1.「全国キャラバン」趣旨説明
2.分かち合いの場「自死遺族のつどい」について
3.パネルディスカッション 「自死遺族支援〜いま、私たちにできること〜」
橘 史朗  (愛媛県心と体の健康センター)
杉本 脩子 (全国自死遺族総合支援センター)
清水 康之 (自殺対策支援センターライフリンク)
藤澤 克己 (自殺対策支援センターライフリンク)
4.「全国キャラバン」リレーメッセージ

※会場内に メッセージパネル「遺族語る」 の展示を予定しています
[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[後援] 内閣府
[協賛] 日本財団
[会場] 愛媛県民文化会館 第8会議室 (松山市道後町2丁目5番1号 TEL 089-923-5111)
[定員] 先着100名 (事前申込不要) ※入場無料
[問合せ先] 自殺対策支援センターライフリンク内 「全国キャラバン」実行委員会事務局
電話:03-3261-4934  FAX:03-3261-4390  メール:info@lifelink.or.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 愛媛」 チラシ





香川県
[開催日時]  3月16日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 香川
[キーワード] 人が困っている時に、誰かが話を聴いてくれる。そんな社会に。
[テーマ] 「かがわ自殺予防対策シンポジウム」
いのちと心を支える 〜今、私たちにできること〜
[内容]

●開会・あいさつ
●基調講演 「自殺総合対策の実現に向けて」
杉本 脩子 (全国自死遺族総合支援センター 代表幹事)
●自死遺族からのメッセージ
●パネルディスカッション
         「いのちと心を支える〜今、私たちにできること〜」
(パネリスト)
西原 由記子(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター創設者)
杉本 脩子 (全国自死遺族総合支援センター 代表幹事)
杉山 洋子 (グリーフワークかがわ 代表)
藤岡 邦子 (香川県精神保健福祉センター 所長)
(コーディネータ)
西原 修造(香川県健康福祉部 医療主幹)
●閉会・あいさつ

[主催] 香川県
[共催] 香川県自殺対策連絡協議会
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、香川県教育委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 香川県社会福祉総合センター コミュニティホール(高松市番町1丁目10番35号)
[入場] 入場無料 定員250名
[問合せ先] 香川県健康福祉総務課   TEL087-832-3261
香川県精神保健福祉センターTEL087-831-3151
[案内資料] かがわ自殺予防対策シンポジウム」チラシ





山口県
[開催日時]  3月17日(月) 開場13:00 開始13:30 終了16:30 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 山口
[キーワード] 背伸びをしないで、できることから一歩ずつ
[テーマ] 一人ひとりができること 〜気づきと絆〜
[内容]

◆あいさつ(13:30〜)
◆自死遺族からのメッセージ(13:45〜14:45)
◆シンポジウム(14:45〜16:30)
    テーマ: 「一人ひとりができること 〜気づきと絆〜」
《シンポジスト》
名越 究  (厚生労働省社会援護局障害保健福祉部
精神・障害保健課 課長補佐)
清水 康之 (自殺対策支援センターライフリンク 代表)
井上 久美子(リメンバー福岡自死遺族の集い 代表)
河野 通英 (山口県精神保健福祉センター 所長)
《コーディネーター》
高城 亮  (山口県健康福祉部健康増進課 課長)

[主催] 山口県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[協賛] 日本財団
[会場] 山口県教育会館 多目的ホール (山口市大手町2番18号)
[入場] 入場無料
[問合せ先] 山口県健康増進課精神難病班   TEL 083-933-2944
山口県精神保健福祉センター    TEL 0836-58-3480
[案内資料] 山口県自殺対策シンポジウム」チラシ





群馬県
[開催日時] 3月20日(木・祝) 開場12:00 開始13:00 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 群馬
[キーワード] 語れる場を 生きてさえいれば なんとかなるさ
[テーマ] みんなで考える ひとりの命 大切な命
[内容]

<遺族の体験談発表>
自死遺族の方
<パネルディスカッション>
テーマ  「みんなで考える ひとりの命 大切な命」
コーディネーター
○ 三國 雅彦  (群馬大学大学院脳神経精神行動学教授)
パネリスト
○ 杉本 脩子  (全国自死遺族総合支援センター代表幹事)
○ 金子 久美子 (福島自死遺族ケアを考える会 れんげの会代表)
○ 赤田 卓志朗 (群馬県こころの健康センター所長)

<相談会>
債務相談会の開催

<パネル展示>
「遺族語る」メッセージパネルの展示
(遺族が亡き人の人柄や自死に至る経緯を綴りました)

[主催] 群馬県
[後援] 内閣府、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、群馬司法書士会
[協賛] 日本財団
[会場] 群馬県社会福祉総合センター 大ホール (前橋市新前橋町13−12)
[入場] 入場無料 定員300人(先着順)
[申込方法] 電話、はがき、ファックスで申し込んでください。
・「自死遺族支援全国キャラバン申込」、住所、氏名、電話番号を記入してください。
[問合せ先] 群馬県こころの健康センター
〒379-2166 前橋市野中町368
電話 027-263-1166 ファックス 027-261-9912
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン in ぐんま」 チラシ (2頁目がファックス申込用紙です)





山梨県    (※自主開催)
[開催日時]  3月22日(土) 開場13:00 開始13:30 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 山梨
[キーワード] 私たち自身の生き方が問われている、いまできることから
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 山梨
[内容] 1.「全国キャラバン」趣旨説明
2.分かち合いの場「自死遺族のつどい」について
3.パネルディスカッション 「自死遺族支援〜いま、私たちにできること〜」
西原 由記子 (国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)
福山 なおみ (共立女子短期大学・精神看護学)
森山 花鈴  (自殺対策支援センターライフリンク)
藤澤 克己  (自殺対策支援センターライフリンク)
4.「全国キャラバン」リレーメッセージ

※会場内に メッセージパネル「遺族語る」 の展示を予定しています
[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[後援] 内閣府
[協賛] 日本財団
[会場] 甲府市総合市民会館 大会議室 (甲府市青沼3丁目5-44 Tel 055-231-1951)
[定員] 先着150名 (事前申込不要) ※入場無料
[申込方法] 電話、はがき、ファックスで申し込んでください。
・「自死遺族支援全国キャラバン申込」、住所、氏名、電話番号を記入してください。
[問合せ先] 自殺対策支援センターライフリンク内 「全国キャラバン」実行委員会事務局
電話:03-3261-4934  FAX:03-3261-4390  メール:info@lifelink.or.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 山梨」 チラシ





静岡県    (※自主開催)
[開催日時]  3月23日(日) 開場13:00 開始13:30 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 静岡
[キーワード] つながることで、点を線にしていこう
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 静岡
[内容] 1.「全国キャラバン」趣旨説明
2.分かち合いの場「自死遺族のつどい」について
3.パネルディスカッション 「自死遺族支援〜いま、私たちにできること〜」
平田 豊明 (静岡県立こころの医療センター)
木下 貴志 (自死遺族の為の自助グループ準備中)
山口 和浩 (自死遺族支援ネットワークRe)
藤澤 克己 (自殺対策支援センターライフリンク)
4.「全国キャラバン」リレーメッセージ

※会場内に メッセージパネル「遺族語る」 の展示を予定しています
[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[後援] 内閣府
[協賛] 日本財団
[会場] 静岡県男女参画センターあざれあ 第1研修室
(静岡県静岡市駿河区馬渕1丁目17番1号 TEL:054-250-8107)
[定員] 先着90名 (事前申込不要) ※入場無料
[問合せ先] 自殺対策支援センターライフリンク内 「全国キャラバン」実行委員会事務局
電話:03-3261-4934  FAX:03-3261-4390  メール:info@lifelink.or.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 静岡」 チラシ





福井県    (※自主開催)
[開催日時]  3月25日(火) 開場13:00 開始13:30 終了16:00 (終了しました)
[報告] 報告:全国キャラバン in 福井
[キーワード] 助けを求める人を孤立させない社会づくり
[テーマ] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 福井
[内容] 1.「全国キャラバン」趣旨説明
2.分かち合いの場「自死遺族のつどい」について
3.パネルディスカッション 「自死遺族支援〜いま、私たちにできること〜」
持田 忠司 (福井県精神保健福祉センター)
茂 幸雄  (心に響く文集・編集局)
石倉 紘子 (こころのカフェきょうと)
藤澤 克己 (自殺対策支援センターライフリンク)
4.「全国キャラバン」リレーメッセージ

※会場内に メッセージパネル「遺族語る」 の展示を予定しています
[主催] 自死遺族支援全国キャラバン実行委員会
[後援] 内閣府、福井県
[協賛] 日本財団
[会場] 福井県国際交流会館 第1・2会議室 (福井市宝永3丁目1-1 TEL 0776-28-8800)
[定員] 先着120名 (事前申込不要) ※入場無料
[問合せ先] 自殺対策支援センターライフリンク内 「全国キャラバン」実行委員会事務局
電話:03-3261-4934  FAX:03-3261-4390  メール:info@lifelink.or.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバンシンポジウム in 福井」 チラシ





大阪府
[開催日時]  3月30日(日) 開場12:30 開始13:00 終了17:00 (終了しました)
[キーワード] 工夫次第で、やれることはいっぱいある
[テーマ]

「自死遺族支援 いま私たちにできること」 〜全国12000人の思い、そして〜

[内容] ●基調講演
「自殺防止センターの活動から見えてきた自死遺族支援の必要性」
澤井登志(NPO法人国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター所長)
●自死遺族体験談
●パネルディスカッション 「自死遺族支援、今、わたしたちにできること」
コーディネーター
渡辺洋一郎(社団法人大阪精神科診療所協会会長)
パネラー
野田哲朗 (大阪府健康福祉部地域保健福祉室精神保健疾病対策課長)
中嶋志津惠(大阪市こころの健康センター保健主幹)
杉本脩子 (全国自死遺族総合支援センター代表幹事)
澤井登志 (NPO法人国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センター所長)
●全国キャラバン実行委員会報告
コーディネーター
町永俊雄 (NHKキャスター)
パネラー
柴田雅人 (内閣府政策統括官)
西原由記子(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター創設者)
山口和浩 (自死遺族支援ネットワークRe代表)
清水康之 (NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
[共催] NPO法人 大阪自殺防止センター、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、
大阪府、大阪市、堺市、大阪府自殺対策連絡協議会
[後援] 内閣府、社団法人大阪精神保健福祉協議会
[協賛] 日本財団
[会場] 大阪ビジネスパーク円形ホール(OBP円形ホール) 
(〒540-0001 大阪市中央区城見2-1-61)
[定員] 500名(入場無料) ※申込み先着順
[対象者] どなたでも参加できます ※当日は手話通訳を行います
[申込み] ハガキかFAXあるいはEメールで、氏名(ふりがな)・住所・連絡先(TELかFAX)を
記入の上、大阪府精神保健疾病対策課精神保健グループまで申込
※定員を超えた場合のみ連絡
[問合せ先] 大阪府精神保健疾病対策課 精神保健グループ
・〒540-8570 大阪市中央区大手前2-1-22
・TEL:06-6944-7524  ・FAX:06-4792-1722
・E-mail:chiikihofuku-g34@sbox.pref.osaka.lg.jp
[案内資料] 自死遺族支援全国キャラバン in 大阪」チラシ (2頁目が申し込み用紙になってます)